【ACメルマガ】未来への招待、コーチング Vol.1 No.14 2015.10.31.

★━━━━-------------

アカデミック・コーチング・ メールマガジン

Vol.1 No.14 2015.10.31.

-------------━━━━★

こんにちは
アカデミック・コーチング学会の
坂東奈穂美(ばんどう なおみ)です。

今日はハロウィンですね。
変身願望なのでしょうか?
仮装して歩く人をよく見かけますね。

本来、仮装はいたずら好きの霊を
驚かせて追い払う意味があるそうです。

仮装しすぎて、
友達を驚かせてしまわないよう
くれぐれも、ご注意を…!
(^-^)

_/_/_/_/ もっと知りたい!

   アカデミック・コーチング_/_/_/
__________★_________

 未来への道

森 直久 (札幌学院大学 教授)
____________________

時代に応じるべく、
我が国の教育が大きく変わろうとしています。
小学校から高校はもちろんのこと、
その延長上にある大学も
改革と無縁であることはできません。

これは教員の問題というよりも学生、
将来の学生はもちろんのこと、
在学中の学生にこそ大きく関係する問題です。

改革前の教育しか受けていない現学生は、
10年以内に就職先で、
新しい教育の波で揉まれた後輩と
出逢うでしょう。

そして
彼らは後輩たちが自分たちと異質の、
そして
彼らが、その時代に必要な能力を
持っていることに気づきます。

「先輩、仕事できないですね」
「後輩を見習ったらどうだ」等の叱責と
社内での低評価は、
収入へと反映されるでしょう。
いえ、失職するかもしれません。

こうならないよう、手を打たねばなりません。
改革の柱である学力の三要素の涵養を目して、
すでに私は授業を変えました。

教師がactiveであるinstructionではなく、
学生がactiveであるlearningへ。
転換の骨子はこれに尽きると思います。

教師の役目は学生の学習環境整備。
コーチングが
環境を組み立てる「糊」となっていることは
言うまでもありません。

_/_/_/_/ これからのWAC♪WAC♪ _/_/_/_/_/

__________★__________

     アカデミック・コーチング学会
      2015年度第1回研究会
______________________

多くの皆様がご参加いただけるように、
会場を変更しました(^-^)

参加定員を25名増やしても、
ゆったり座れる広い教室です♪

参加を諦めかけていた方、
もう一度、スケジュールを確認してみませんか?

◆テーマ◆
アカデミックな研究、論文とは何か? 超・入門編

 講師:本間正人
    アカデミック・コーチング学会会長
    京都造形芸術大学 教授
 ゲスト:江藤真規
    アカデミック・コーチング学会理事
    サイタコーディネーション 代表

◆プログラム◆
1.学術的研究とは、何か?
2.「仮説の検証」とは?
3.論文の種類・形式
4.社会人大学院進学について

※当日の進行により、変更にある場合がございます。

◆会 場◆
明治大学駿河台キャンパス
グローバルフロント3階 4031教室
※建物は同じですが、フロアが違います。

◆日 時◆
2015年11月12日(木) 19:20~20:50

◆参加費◆
 無 料

◆定 員◆
 先着50名(25名分増員しました)

◆お申し込み◆
いつもの「こくちーず」からです。
http://kokucheese.com/event/index/339935/

__________★__________

未来を創る地方創生
~テレワークが京丹後を変える~
_____________________

プログラムの詳細とお申し込み先を
お知らせできるようになりました。
関西方面の方、いかがでしょうか?

※アカデミック・コーチング学会が共催しています

◆テーマ◆
未来を創る地方創生
~テレワークが京丹後を変える~

◆日 時◆
11月29日(日) 10:00~17:00

◆プログラム◆
28日(土)
15:00 京都駅集合 夜に懇親会

29日(日)
10:00~10:20 主催者あいさつ
10:20~12:00 第1セッション「地域活性化」
       (前半:4題の発表)
12:00~13:00 ランチミーティング&オフィス見学
13:00~13:50 第1セッション
       (後半:2題の発表)
14:00~15:15 第2セッション「人材育成」
       (前半:3題の発表)
 <休憩>
15:30~16:45 第2セッション
       (後半:3題の発表)
16:45~17:00 閉会挨拶

30日(月)
午前 市内めぐり 昼食後に解散

※29日のみ参加も可能です。

◆会 場◆
丹後地域地場産業振興センター
(アミティ丹後)

◆主 催◆ 京丹後市

◆お申し込み◆
日本テレワーク学会広報部 國井
Tel 050-5810-3222
e-mail aka@kunii.org

詳細は次世代大学教育研究会のWebsiteまで
http://nextedu.chiegumi.jp/com/SeminarDetail.php?ct=4345206028&cs=92

~・ばんばん♪のつぶやき・~・~・~・~・~

江戸から明治へ
世の中が変わった時代がありました。

その転換の目的は、ただ一つ
「民のため、民の声をお上に届ける」ことでした。
しかし、政府のやり方に不満をもった
士族(元武士)が反乱をおこしました。

士族と新政府。
志が同じなのに、なぜ戦ってしまうのか?

武士道そのものは、素晴らしいものです。
しかし、日本の将来を見据え、
日本を取り巻く状況の変化を鑑みたとき、
その価値観は色を失ってしまったのではないでしょうか。

グローバル化が進む中、
日本の教育は、転換期に差し掛かっています。
自分で判断し、どうするのかを決めて、実行する。
子供たちがそのような能力を持ち、
自分たちで明るい未来を創り上げる。

ティーチングに代わる教育はなにか?
教育に携わる人は、
さまざまな教育方法を模索しています。
その中でコーチングは
重要な位置にあるのではないでしょうか。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

※学会入会をご希望の方は、facebookページで
学会の会則をご確認の上、お申し込みください。
https://www.facebook.com/academicalcoaching

もちろん、
メルマガの感想、学会へのご要望も、
お待ちしています(^-^)
wac.hokkaido.jimu@gmail.com

◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:

【発行元】
アカデミック・コーチング学会
(会長:本間正人)
東京都千代田区神田神保町1-46-2
アーバネックス神保町404号室
明治大学サービス創新研究所内

【ホームページ】
アカデミックコーチング研究会(WAC)
http://academicalcoaching.org/
※アカデミック・コーチング学会のWebsiteを作成中

【発行者】
坂東奈穂美

【お問い合わせ先 】
アカデミック・コーチング学会
北海道事務局
wac.hokkaido.jimu@gmail.com

【配信の停止をご希望の場合】
wac.hokkaido.jimu@gmail.comまで、
ご連絡ください。